節分

豆まかないまま-終了-
地元では節分の日は、その家の広い場所(大体座敷)で豆と一緒にお菓子を撒く習慣があります。
この日だけは他所のお家に入ってもいい日(ただし、豆まきやったか聞いてから)。

大体夕方から夜に掛けてする。
袋持って道を歩いていると、家の玄関に立つ人(大体知らない家、立っている人は老若男女いろいろ)から、「今から豆撒くからお前(ら)も入れ」といわれてお邪魔する
→広い場所で大人を含む見知らぬ人達と一緒にお菓子争奪戦を繰り広げます・x・(豆は余り見向きされない)
途中お店でもお菓子を用意しているので立ち寄ったりw

子供の頃は[節分=1年に1度だけ、食べきれないくらいの大量のお菓子をゲットする日]というので覚えていました

そして今となっては全国区?になった恵方巻は未だ食べた事がないという・・・
自分で作れば良いんだろうけれど、手間ガッ

そういえば昨日、遠目に国道沿いのコンビニの歩道で女の子が何か書いたプレートみたいなのを持って、道路に歩道にと何か必死に叫んでいた。
最初、ヒッチハイクしたいのかな?と思ってた。
近くまで来たらヒッチハイクじゃなくて、コンビニの恵方巻買ってくれコールだった事に気がついた。
やっぱりそういうのってノルマ、あるのかな・・・その後行ったスーパーも恵方巻だらけで他のおかずがほとんど売っていなかったのが印象的だった。

HTML Generating Time : 0.070 s