妖怪辞典読んでいたら

以津真天(いつまで)っていう怪鳥が載ってた
これってたしか、女○転生シリーズに出てたなーなんて思いながら読み進むと、
「1334年(建武元年)の秋、疫病が流行して病死者が多く出た頃、毎晩のように紫宸殿の上に怪鳥が現れ「いつまでも、いつまでも」と鳴いて人々を恐れさせていた。(中略)その怪鳥は顔が人間のようで、曲がったくちばしに鋸のような歯が並び、体はヘビのようで、両足の爪は剣のように鋭く、翼長は1丈6尺(約4.8メートル)もあった」
と描いてあって、想像してみたら結構すごい姿なのねーなんて思ったw

鵺(ヌエ)と以津真天(イツマデ)は共通しているところがある
どちらも直接人や動物を襲わないで毎晩鳴き、その鳴き声で人々を恐怖に陥れていたこと
退治の方法も同じで、両方とも弓の名手に倒されている

もしかしたら似た話はまだまだあるかもしれないけどw

あとはこの鳥、疫病や飢饉で死んだ死体を放って置くとこの怪鳥が現れて「いつまで、いつまで」と鳴いていた
そんなんで、亡くなった人の魂が怨霊になったとも言われているらしい(’’
「(死体を)いつまで(放っておくんだ)」ってことみたいですな

にしても、「以津真天」ってよく考えたらすごい当て字;

コメントは受け付けていません。

HTML Generating Time : 0.081 s